2021年 1月 の投稿一覧

AI(人工知能)を導入されたロボットが人間のような正常な感情を持つようになるでしょうか?

 

 

 

 

 

小説家が言っています。私にとって、ロボットの魅力は「感情を持

たない悲しさ」だと

もし、「感情を持つ」とするとロボットの魅力はどうなるのでしょうか?

「悲しさ」とはならないのでしょうか?

 

言葉の逆をとると、私にとってロボットの魅力は「感情を持つ嬉し

さ」というふうになり、喜怒哀楽を持つ感情豊かな人間のようにな

ります。

 

どのような言葉の意味にとればいいのかな?

なぜ「魅力は感情を持たない悲しさ」と言ったのでしょうか?

 

もし逆に置き換えると「感情を持つ嬉しさ」となりますが、

願望も込めてあえて反対の言葉を述べているようでもありますす。

葉のインパクトを狙ったのでしょうか?

 

本当は人間のように血の通う温かさで「感情を持つ嬉しさ」に変身

願望しての言葉だっのでしょうか?

 

AIを導入されたロボットと人間との違いは、たくさんありますね。

人間にあってロボットに無いものは?

 

人間には寿命がありますし、DNA(遺伝子)を持ち合わせていて65兆

個の細胞から成り立っています。

 

忘却、したりしますし計算にも時間がかかり、間違いも起こします。

しかしロボットは不死で寿命がありませんし、DNAもありません。


忘却もありせんし計算は早く正確で、色々な
違いがあります。

 

 

 

AIを導入されたロボットが人間のような「正常な感情を持つ」という

のようですが、将来にあるでしょうか?

 

感動し涙を流して泣くとか、面白くて大声で笑うとか、怒ったり、

優しく労ったり等を感じるようになるのでしょうか?

 

 

 

現在、ペッパーが感情ロボットの第1号のようです。

ペッパーの感情の内部を思考しAI導入ロボットが最終的に「正常な感

情を持つ」人間と同等に近い感情を持つにはどのような項目をAI導入

ロボットにインプットすればよいか考えて見たいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

AI(人工知能)を導入した車の内装設備を充実して運転リスクの軽減!

 

 

 

 

 

 

 

 

AI(人工知能)を導入した車の内装設備を改善すれば運転リスクが

減少して安全性が向上することができると思います。

内装設備といえば、エアコン・音響機器・カーナビゲーション・

AM/FMラジオ・ルームランプ・室内後方ミラー・運転席ポジショ

ット・サンバイザーがります。

 

現在カーナビの精度があまり良くないように思われます。例えば

道案内で目的地まで行くのに、最短距離で案内するということが、時

にあって狭い道を通行させるケースがあります。

広い道路を通って目的地まで案内して欲しいと思います。

 

AIがナビに繋がっていれば、このようなことは無いと思いますが、ど

うでしょうか?

 

「時間がかかってもよいから広い道で、お願い」と要求していたら、

AIはOKといって案内してくれと思います。

 

上記の様なことは、製造メーカーの方が了解済みで言うことに及ばな

いとは思いますけど?

 

その他にもAIと繋がっていれば、運転リスクが軽減できる箇所がある

と思いますので軽減案をあげてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

AI(人工知能)を導入した車の自動運転は安全性を確保できるか?

 

 

 

 

 

 

 

AI(人工知能)を搭載した車の自動制御運転の安全性はどうなの?

という疑問が湧きます。

 

安全センサーがたくさん設置されていてあらゆる条件に適応するよう

に走行テスト中です。

 

自動運転段階はレベル0から5までありレベル5で完全自動運転車にな

ります。

現在はレベル2から3の40%台を進行中であり、完全自動運転に到達す

るには高いハードルが何ヶ所あり苦難の道が続くようで四半世紀以上

の年月がかかるような感じです。

 

 

安全面で、安心かといえば安心できないのがAI(人工知能)搭載車だ

と思いますが?

ステップを踏んでいって安全性がアップするものだと思います。

 

最終的には、人間の柔軟な処置も必要なところが出るのではと考えます。

交通法令が変更となれば、直ぐにAI(人工知能)を搭載した車は対応

できるのでしょうか?


AI(人工知能)は鋭い洞察力で対処しますから大丈夫ですと・・・?

人間はすぐに対応できますけど!

 

 

ちなみにAI(人工知能)を搭載した自動運転車は本当に安全なのか、

そして全自動化に進んでいますが、現在迄の状況を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

AI(人工知能)をロボットに導入すると、どんなメリットがたくさんあるの?

 

 

 

 

 

世界情勢を見てみるとAI(人工知能)がすごく飛躍して伸びてきてい

るようです。

(AI・・・Artificial  intelligence)

 

囲碁や将棋の世界では最高峰のプロ棋士達をAIチャレンジャーが、打

ち負かす時代となっています。

 

野村総研の発表では、今後10年から20年の間に日本の労働人口の49%

が人工知能(AI)のロボットによって代替される可能性が高いといわ

れています。

 

日本の労働者人口は現在、何千万人なのでしょうか?

総務省統計局2020年(令和2年)11月分結果で就業者数6707万人・

雇用者数6017万人で
労働者人口は約6000万人です。

この内の49%ですから約3000万人が現職を失うことにな
ります。

 

AIを搭載したロボットは現状どのような効果をあげているのか紹介し

てみます。

 

また10年後にはAIを導入したロボットは何基位増えているのでしょう

か?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

海苔はどのような過程を経て製品となるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

海苔は江戸時代は漁師の経験と運で生産されていましたが、昭和にな

って養殖技術が上がり、機械化に伴って海苔も安定した生産スタイル

になりました。

食卓に届くまでの流れや 、どのようにして生産され海苔製品になるの

か順を追ってみたいと思います。

 

海苔といえば、西日本では有明がメジャーですね。

種付けも発祥の地でもある広い海、有明で行われているようです。

海苔を使った食物といえば何を連想されますか?

 

やはり、巻きずしやむすびではないでしょうか?

庶民の巻きずしは、包み網の上に海苔を敷き、すし飯を均等にのせ、

具には卵焼き、板かま、そして色合いに人参、ほうれん草椎茸、

瓢(かんぴょう)を煮て味付けし、包み網を転がし海苔で巻き

来上がりです。

質素なあっさりした巻きずしが、年配者の美味しさというか家庭の味

と長年なっておりたくさん頂けます。(😁)

 

巻きずしの外輪となっている神秘的な海苔について、海の中でどのよ

うにして誕生、どのように成長して行くのかを調査し紹介してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む