海岸の岩場でニイナ採りは最高

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

貝のなかでもメジャーな牡蠣・アワビ・サザエ・赤貝・はまぐり等

色々ありますが、しかし貝類の図鑑の中「俺もおるよ」といわんば

かりのバテイラという名称の貝がのっています。
引用元:(市場魚貝類図鑑)

https://www.zukan-bouz.com/zkanmein/kai.html

ご存知ですか?

 

西日本ではニイナと呼びます。又、関東ではシッタカと呼ばれています

 

日本の主な産地は太平洋側が多く千葉・神奈川・静岡・和歌山・東京

が主な産地となっていますが、全国的に散在しているようですね。

珍貝度は普通・味の評価も並・毒は無・食べ方は塩茹(ボイル)味噌

汁とか。

引用元:(貝類)二枚貝・巻貝ーCTY http://www.cty-net.ne.jp/~noro-m/page050.html

地域によっては、いろいろな呼び方があるようです。

ミナ貝?とか、ニナ貝?とか

あまり知られていないマイナーの貝を紹介したいと思います。

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

1.ニイナはどういうところに多くいるのでしょうか?

 

1)海辺の近くに岩場がある所で、岩に海藻類や貝殻などが付着していて潮の満ち

引きにより、満ちて岩場が海水で隠れたり、潮が引いては岩が現れたりするところ

にいすよ。

 

ニイナの食べ物は何でしょうかね? 藻とかですかね?

潮が満ちれば活動を始めて、食べ物を探すのでしょうね?

潮が引けば、岩にずっと密着して動きませんから休憩をし、日光浴でもしているの

ですかね!

 

ニイナはどのあたりに多くいるのでしょうか?

 

2)満潮を過ぎてから干潮までの時間が取りやすいですよ。海水に少し前まで浸か

っていたニイナを取るのが新鮮でいいですね!

足場を固め、岩に密着しているのをとります。

2人~3人で30分も取れば、たくさん取れます。

(約200個くらい)

 

           

(採取場所)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(採ったニイナ)

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

2.ニイナの味はさて

 

1)家に持ち帰りザーっと水洗いし、塩茹でしていただく。

実の取り出しはマッチ針を使ったらたやすく取り出せます。

 

ニイナを見た感じ、おいしいそうな貝とはちょっと見えないですね。

小さくて食べられる所も少ないし

 

しかし

 

食べてみるとすごく、うま味、苦味、塩味があい絡(から)まっサザエに似た感

がします。

サザエとは、ほぼ親子ですかー!

 

同じ巻き貝なので!・・・

あっさりしていて少し濃く(コク)もありとても美味しいです。

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

3.まとめ

 

ニイナ採りは季節のよい、春~秋頃がいいですね。


今の時期は海水に足をつけても気持が良いし。
寒い・暑いとき以外は普通にゲット

できますよ。

岩には海藻がくっついており、滑りやすいので注意が必要です。

 

はだしでは足を怪我するから駄目ですよ。

 

子供たちはニイナ採りが好きですねー!


なぜなんでしょうか?

 

ニイナ採りがいいのか? 食べることか? 海で遊ぶことか?

 

まぁー すべてでしょうが! 好奇心旺盛ですからね!

 

ほんとう、宝探しみたいなものでしょうね?

 

ニイナ採りも、このような状況と同じでしょう?

 

若干のワクワク感もあり、じゃーけぇー おもしろいのでしょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*