和風の庭に据えられている置き石の目的はなんであろうか?

DSC_0973

 

 

 

 

庭石はなぜ庭園内に置かれているのだろうか?

という疑問が浮かびました。

庭木だけでも良いのではないか?

庭石の目的は・・・?

日本庭園の起源は中国から伝わって来たとされています。710年奈良時

代に平城京が造られたときに、大規模な庭園が造られる事になりました。

このときの庭園は自然の形をした池を作り、そこに注ぐ水の流れを

川や滝として再現しており、石をありのままの形で用いるようになり

ました。

我々がイメージする「日本庭園」らしさが誕生するのはこの時代から

になります。

なぜ庭に石がよいのか、調査してみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


1. 庭に置き石をなぜ?

 

1)日本庭園に石を置く目的は、小さな自然の風景を創り出すことのよ

うです。

石は庭園の重要な要素の一つで、人のからだを意味するものとされます。

石は庭に配置されることで、様々なことを表現してきました。

庭に1つだけ独立して配置される石は、景石(けいせき)と呼び、お

もに庭の景観にしみじみとした.風情や味わいをを持たせるため

置かれます。

 

また、道として使うために配置される飛石は園路石のひとつで、土で

足が汚れるのを防ぎ、目的地までの道しるべとしても使用されてきました。


歪(いがみ)さが魅力の日本庭園では、「歪さ」が持つマジック(ず

れる)があるため、石の配置ひとつとっても、そこには規則性はなく

「歪さ」があります

 

 

 

 

 

2.昭和からの現在に至る庭園設置の変化

 

1)昭和の初めは和風建築が主で庭付きが流行っていました。

和風の家に、庭はセットであるべきものと日本の文化にあったようです。

 

庭木には黒松、赤松、五葉松、椿、山茶花、金木犀、ツツジ、皐月、

梅、バベ、マキ、イブキ、かし、山桃、木斛、クロガネモチ等種類は

多くあります。

 

1960年代の高度成長時代は建築ブームで土地の造成工事も大きく増

えまた庭には池を拵えて鯉などを泳がせ、渡橋もかけた家々も、数多

くありました。

昭和後期には建築様式に欧米化が進み、庭造りも徐々に減少を辿って

いきます。

1990年までのバブル景気もはじけ、日本経済は後退の一路を辿ってい

きます。

余談はこのぐらいにしまして・・・

 

 

庭石は何を表しているの?

スモール庭が流行り、眺めよく気持ちを和らげ効果があり目の保養と

なり和らげ感を与えています。

 

 

 

3.庭石の目的

 

庭石は主に日本庭園で利用されます。

日本庭園は水、土、植物、石などの自然を表現します。

その中でも石は山岳を表現しています。

さらに、石は変わらないことから、永遠という意味も込められています。

庭石は石組をして、好みの位置に配置され、庭石は様々な種類がある

ので、石ごとに役割が変わってきます。

 

 

1)御影石

庭石の中でも景観を整えることを目的とした重要な石です。

特に加工が施されることなく、そのまま庭に配置することが多い天然

の石です。

形のきれいな石を置くことで庭の雰囲気を趣深くします。

庭石の中でも非常に存在感のある石なので、慎重に選択したいです。

 

 

 

 

2)飛石

飛び石は地面に埋め込まれている石のことです。

昔は平らな自然石が使用されていましたが、現在では加工された石が

使われることもあります。

庭に通路を作る際に使用されます。

足元を汚さないようにするための通路として使われ始めた歴史があります。

基本的には等間隔に置かれることが多いですが、石の種類や形によっ

て、様々な置き方があります。

庭石の中では耐久性が必要な石なので、御影石や花崗岩などの硬い石

が使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4.まとめ

 

 

 

日本庭園だと敷居が高いが和風の庭なら我が家にも取り入れられそ

と思いますね。

日本庭園(和風の庭)には、自然石は欠かせない素材です。

 

自然石とは、天然に産出された自然のままです。

天然の岩石を加工せずに庭の所に配置することで、石の存在感やエ

ネルギーを放つことができ、空間の魅力がぐんと増してきます。

 

古くから日本には、八百万(やおよろず)の神がいると信じられ、自

然石にも神が宿るとされています。

庭に自然石を据えることで、石の持つエネルギーを感じることができ

るだけでなく、見る人に対し癒しを与えてくれます。

庭石を家に置けば、石自体のエネルギーが神を宿していますので、

家内の守護神及び心身の安定を招いてくれるのではないでしょうか?

 

 

 

作成者: syuchan13

これは自分には、できそうもない! 無理じゃ?としても、試してみます。 チャレンジ! この精神で! いろいろ役に立つことを発信していければと思います。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です