AI車

AI(人工知能)を導入した車の内装設備を充実して運転リスクの軽減!

 

 

 

 

 

 

 

 

AI(人工知能)を導入した車の内装設備を改善すれば運転リスクが

減少して安全性が向上することができると思います。

内装設備といえば、エアコン・音響機器・カーナビゲーション・

AM/FMラジオ・ルームランプ・室内後方ミラー・運転席ポジショ

ット・サンバイザーがります。

 

現在カーナビの精度があまり良くないように思われます。例えば

道案内で目的地まで行くのに、最短距離で案内するということが、時

にあって狭い道を通行させるケースがあります。

広い道路を通って目的地まで案内して欲しいと思います。

 

AIがナビに繋がっていれば、このようなことは無いと思いますが、ど

うでしょうか?

 

「時間がかかってもよいから広い道で、お願い」と要求していたら、

AIはOKといって案内してくれと思います。

 

上記の様なことは、製造メーカーの方が了解済みで言うことに及ばな

いとは思いますけど?

 

その他にもAIと繋がっていれば、運転リスクが軽減できる箇所がある

と思いますので軽減案をあげてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

AI(人工知能)を導入した車の自動運転は安全性を確保できるか?

 

 

 

 

 

 

 

AI(人工知能)を搭載した車の自動制御運転の安全性はどうなの?

という疑問が湧きます。

 

安全センサーがたくさん設置されていてあらゆる条件に適応するよう

に走行テスト中です。

 

自動運転段階はレベル0から5までありレベル5で完全自動運転車にな

ります。

現在はレベル2から3の40%台を進行中であり、完全自動運転に到達す

るには高いハードルが何ヶ所あり苦難の道が続くようで四半世紀以上

の年月がかかるような感じです。

 

 

安全面で、安心かといえば安心できないのがAI(人工知能)搭載車だ

と思いますが?

ステップを踏んでいって安全性がアップするものだと思います。

 

最終的には、人間の柔軟な処置も必要なところが出るのではと考えます。

交通法令が変更となれば、直ぐにAI(人工知能)を搭載した車は対応

できるのでしょうか?


AI(人工知能)は鋭い洞察力で対処しますから大丈夫ですと・・・?

人間はすぐに対応できますけど!

 

 

ちなみにAI(人工知能)を搭載した自動運転車は本当に安全なのか、

そして全自動化に進んでいますが、現在迄の状況を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む