男性の加齢臭を全般的に抑える方策は?

 

 

 

 

 

 

50歳代後半から年を重ねるにつれ、いわゆる加齢臭を発生するといわ

てれます。

 

高齢者になるにつれて、体の新陳代謝が落ちてきて、体内に不純物が

溜まりやすくなります。体外への排出が難しくなり、そのため内部に

残った生成物(不純物)が体臭として現れるのではないかと思います。

 

これが加齢臭の一番の要因となるのでしょうか?

 

 

現在、日本では65歳以上の高齢者が全人口の27%であり

ます。

これから先、10年~12年後には団塊の世代(昭和22年~24年生まれの

人たち)すなわち戦後の第一次ベビーブームに誕生した人たちも80歳

から82歳を迎え、2040年には65歳以上の高齢者が全体の約30%にな

ます。

高齢者人口に比例加齢臭量も増えるような算術なるのでしょうか

どうなんですかねー?

加齢臭を抑える改善案とかニオイ防止マナーを自分なりに考ておか

ないといけないですね?


全員が快適に過ごすために!

 

 

 

 

 

続きを読む

庭木の松・初歩剪定をマスターしよう!

 

 

 

 

松は日当たりを好む常緑樹です。

よって形を保つために年2回の剪定が基本となります。

剪定しないで放置しておくと松葉が伸び、全体のスタイルが崩れてき

て、バランスが悪くなります。

 

また松葉が密集してきますと、下側に陽が届かなくなりす。

 

こうなると松葉は弱ってきて、マツクイムシなどが繁殖し松のために

は、よくありません。

従って春にミドリ摘み作業、秋にはもみあげ作業と透かし剪定が主な

作業となります。

 

 

 

 

続きを読む

出窓にアサガオのグリーンカーテン設置で涼しく感じられるか?

 

出窓にアサガオのグリーンカーテンを今年もかけてみることになりま

した。


昨年の夏が最高に暑かったので、今年も温暖化の影響等があって暑い

であろうか?

 

冷夏なら過ごしやすくていいですけど、現在の所は昨年ほど暑くはな

いようです!

 

これからどうなるでしょうか?

極暑になれば大変です!  体にすごく応えるぞ!

勘弁してと言いたいが! どうしようもない!

 

さて本テーマに戻れば

 

家の外観は涼しそうに見えたほうがなんとなく気持が落ち着きますよ

ね!

 

グリーンカーテンがあれば、ちょっといいかな!

 

家の中も適温適湿がいいですよね!

 

アサガオの省エネカーテンは、体感にどう検知するでしょうか?

引用元:HORTI Green Snap https://horti.jp/1942

2℃差位、一般的に効果があるそうですが!


どうでしょうか? 期待してみましょう!

 

続きを読む

プランターのミニトマト栽培は美味しくいただけるか?

 

 

 

 

 

 

夏のミニトマトは美味しく育つか?

家庭菜園で今一番人気の野菜のひとつである、ミニ


トマトの栽培に挑戦してみることにしました。


ミニトマトといえば、蔕(へた)を取り冷蔵庫で少し

冷やせば、そのまま切らずに口にパクリと入り味を

かみしめながら食べれます。


甘味がすごくあり、おいしいイメージが食べる前から

わってきます!


名前がフルーツ・トマトだからでしょうか!

 

赤み・かたちが、サクランボいや?グミのような雰囲気

をも醸(かも)し出しているからでしょうか?


いい色でさっぱり感がします!

 

普通(レギュラー)のトマトは、輪切り又は三日月切

りにしますど、ミニトマトはそんな

手間も省け、ざっと洗えるだけで食べれます。


シンプル!


ミニトマトは容姿も可愛いから、味も生きてきます!

 

 

 

 

 

続きを読む

紫陽花の成長の観察と花言葉について

 

 

 

 

 

 

 

紫陽花という花を名前から推すると、太陽の陽を受け、赤と青の間色

で明るい感じの紫色(パープルカラー)の花びらが輝いているような

感じを受けます。

 

8世紀後半の奈良時代に万葉集の中に紫陽花の例がみられることからも

古くから印象深い花だったことが伺(うか)がわれます。

 

紫陽花という言葉の響きもすごくよいですよね。しかし花言葉に調和

のとれない言葉がありますので考えてみたいと思います。

 

紫陽花は小花が球状に群がって咲く花で、その他にも花びらが小さく

白やピンクの可愛い花、アナベルやガクアサイもありますよね。

 

スタンダードでは艶やかなブルー、レッド、パープル、ピンク、ホワ

イト、ブレンドカラー等があります。

満開になる2か月前から成長度合をみてみたいと思います。

 

4月中旬 宇部市常盤公園 あじさい苑 撮影

 

4月中旬 ↑ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む

海岸の岩場でニイナ採りは最高

 

 

 

 

貝のなかでもメジャーな牡蠣・アワビ・サザエ・赤貝・はまぐり等

色々ありますが、しかし貝類の図鑑の中「俺もおるよ」といわんば

かりのバテイラという名称の貝がのっています。
引用元:(市場魚貝類図鑑)

https://www.zukan-bouz.com/zkanmein/kai.html

ご存知ですか?

 

西日本ではニイナと呼びます。又、関東ではシッタカと呼ばれています

 

日本の主な産地は太平洋側が多く千葉・神奈川・静岡・和歌山・東京

が主な産地となっていますが、全国的に散在しているようですね。

珍貝度は普通・味の評価も並・毒は無・食べ方は塩茹(ボイル)味噌

汁とか。

引用元:(貝類)二枚貝・巻貝ーCTY http://www.cty-net.ne.jp/~noro-m/page050.html

地域によっては、いろいろな呼び方があるようです。

ミナ貝?とか、ニナ貝?とか

あまり知られていないマイナーの貝を紹介したいと思います。

 

 

 

続きを読む

子供の日の鯉のぼりと男の子

 

 

 

 

 

 

爽やかな晴天の日を鯉のぼりが広い場所で悠々と風になびいて泳ぐ姿

は雄大ですね。

 

また大きな川に縦断してかけてある多数の鯉のぼりは、あたかも川の

中をを泳いでいる様子を受け、壮大なスケール感がありますね。

このように子供達もすくすく、のびのび育ってほしいですよね。

なぜ子供たちは鯉のぼりが好きなのか?

 

それは天高く、鯉が軽やかに、元気に泳いでいる姿が脳裏(のうり)

にそれから心に伝わるからでしょうかね。

鯉のぼりについての由来や面白いことをを探ってみたいと思います。


どうして鯉のぼりを揚げるようになったのか?

又、どうしてたくさんいる魚の中で、鯉になったのか?

他の魚たちはリストにあがらなかったのですかね?

 

真鯉は胴体が太く、たくましくみえますよね!

 

そのような事も影響しているのですかね!

 

不思議ですね!

 

 

 

 

 

 

続きを読む