プランター菜園ランキング

ヘッジトリマーで庭木の簡単剪定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

 

庭木の刈込、剪定をながばさみでするのではなく、ヘッジトリマーと

いう生垣バリカン(刈込幅350mm)を使用すれば、能率的に体力を

すごく使うことなく、短時間にきれいに仕上がります。


ヘッジトリマーは生垣など、面を均一に刈り込むための刈込機です。
引用元:マキタhttps://ecatalog.makita.co.jp/html/administrator/317/#203

ヘッジトリマーの操作は少し慣れが必要ですが、使っていれば、すぐ

に感覚でわかってきます。


最初はあまり深く切り込まないようにして、感じをつかんでいけば、

いいと思います。


瞬間的に刈る機械なので、使用にあたっては十分注意が必要ですね。

 

気をつける所は、刃が前後に繰り返し動いているのでトリマーの刃で

怪我をしないよう、体に近づけ過ぎないようにすることが大事です。


バリカン刃が体に接触すれば大けがになりますから。


5ミリ径の太さまでは簡単に切れますのでいいですよ。

 

ヘッジトリマーのサイズは色々ありますが、大サイズになると1.8kgと

重くなりますから、中サイズの軽いものから使用した方がよいと思い

ます。

 

ヘッジトリマーで剪定できる庭木はイブキ、ツツジ、サツキ、キンモ

クセイ、  マキ、アカメ、ヒイラギ、ツゲ、バベなど色々の庭木に使用

できます。

 

垣根にも使え、アカメ、イブキ、マキの垣根も綺麗に仕上がります。

下の写真が生垣バリカンのヘッジトリマーです。

 

 

ヘッジトリマー

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

1.ヘッジトリマーでの剪定操作要領

 

1)イブキ

 

①伸びたところのイブキの角(つの)を、傾斜に沿って刃を当てて上から下にゆっ

くり滑らせカットできたら、次に刃を最初の位置までリターンさせます。

リターンさせるとカット面がキレイに仕上がります。上から下へ、下から上にを繰

り返して山の傾斜部分を全周カットします。

次にイブキの底部をカットします。

 

イブキの底部の奥に刃の腹側を近づけて、奥から手前に刃を移動させて伸びている

イブキ葉・ヒゲをカットし、バリカン刃をイブキのふもと側に返します。


返すことでふもと面がきれいに仕上がり、底部もきれいになります。


最後にイブキの全周をならしてやれば凹凸がなくなりOKです。


キレイに仕上げるには、イブキの玉の下側をトリマーの刃ですくってあげることが

大事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

 

2)さつき

①トリマーの刃を少し角度を(10°~20度ぐらい)つけてゆっくり移動させカット

し先までいったら、最初の位置までリターンさせてカット面をきれいに仕上げます。

 

この要領で全体をカットします。

 

下側から上側に、上側から下側と刃を動かしてデコボコにならないように滑らかに

仕上げます。


②底部周囲に小さく伸びているさつき等はハサミで除去し、下部周辺をきれいにし

ます。

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

2.まとめ

 

1)ヘッジトリマーを使用しての刈り込みを行えば短時間で処理でき綺麗になります。

 

・トリマー重量は1.8kgあり、結構重いですので、持ち手と添え手、両手を使い作

業しましよう。

 

・トリマーの刃で怪我をしないよう十分注意して行いましょう。

 

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*