千石台大根の美味しさの秘密はどこから?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

 

 

大根といえば、カツオ・昆布だしの効いたアツアツおでんや、スリお

ろし大根に温かいご飯で、ピリっとし脳天までシャキとしますね!

 

またその他に冬場に美味しい郷土料理のケンチョウや、刺身に添える


マなどもあります。

 

ところで、スーパーの鮮魚(刺身)に千切り野菜の大根のツマ、が添

えられ             参考元【オリーブオイルひとまわし】


刺身と一緒に頂きますが、過去に頂いたものはあまり美味しいとは思

わず、あっさりした味だなぁーとの感想。


そんな感じなので、残すことが多かったと思います!

 


しかし、山口市内・商店街で買った刺身のツマ(大根の千切り)を食

 

べてびっくり!

 

こんな味は始めてではないか!

 

甘くてスッキリした辛味もあり、旨味がすごくあります。

 

初めの美味しさ甘味・辛味・旨味の3拍子そろっています

 

副菜が良ければ、主の刺身の旨味もぐんとアップしますね!

 

後日、知り合いから「大根のつま」は山口県・千石台産であることを


知りました。

 

 

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

 

1.大根の収穫時期は

 

夏の訪れとともに収穫が始まる。これから、12月上旬まで味わえる

という。

 

産地は・・・山口県萩市むつみ地区、千石台。中国地方最大のダイコ

ンの産地だ。 参考元 TBS NEWS DIG

 

徳川幕府時代、毛利藩によって開墾された。穀物が千石ととれていた

ことから、その名がついたとされる。

 

畑が広がるのは、標高400m~500m。昼夜の気温差が甘みのあ

る大根を育てる。

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

三戸組合長:

「今年の大根のできは非常にいいですね。千石台の大根は緻密さがあ

って、辛さと甘さが相まって大根すりにして食べても、どんぶり一杯で

も食べられる」

 

三戸雅人さん。千石台出荷組合の組合長を務める。

 

初めて畑の土を踏んだのは19歳のとき。以来、44年間、妻と二人

三脚でだいこんを育ててきた。

 

午後7時、収穫が始まる。

 

 

大根が冷えてからの収穫。やっぱり、鮮度を保つため。冷えたら、栄

養をためていこうとするので、おいしくなると思います。

 

1日に収穫するのは、およそ4000本。鮮度を保つため、収穫後す

ぐに葉を着る。この作業が、深夜まで続く。

 

寒暖差のほかに、欠かせないものが、もう一つ・・・この、黒い土。

 

 

 

三戸組合長:

「自分らは『黒ボク土』と言うんですけど、火山が噴火してできた火

山灰土。

 

湿気があまりないんですけど、キュッと握ったら団子になる。フッと

やると、サラサラになると」


水をほどよく含んだ、柔らかいこの土が、きめ細やかで白い肌の大根

を育てるという。

 

千石台だいこんを栽培する農家は現在13戸。うち、中心的に活動

しているほとんどが60~70代だという。

 

そのため、かつては深夜0時に行っていた収穫も、体力面を考慮し、

2年ほど前から、午後7時に行うこととなった。

 

それでも、親を継ぐ次の世代が、これからも畑を守ってくれるは

ず・・・少しは安心…と、三戸さんは言う。

 

 

農家のイチオシは、すりおろし。辛さと甘さのバランスが絶妙な大根

を旬のしらすと一緒に味わう。

 

千石台だいこんは煮崩れしにくいことも特徴。

芯までじっくりと炊いて、ふろふき大根で味わう。

そして、大根の葉も、塩ゆでし、細かく刻んで炊き立てのご飯に混ぜ

れば・・・

 

余すことなく、味わえる。

 

作り手が太鼓判を押す味わい方で、旬を食らえ!

 

 

 

 

<スポンサーリンク>

 

 

 

2. まとめ

 

1)美味しさの秘密は、土壌の良さ・土地柄の寒暖差が大きい・陽が落

 

ちて暗くなっての収穫とノウハウは、まだまだたくさんあるように感

 

じます。

 

これからもよろしくお願いしますという気持ちです!

 

 

2)晩秋からの肌寒くなる頃から「おでん売り場」の情景が多く目に入

 

るようになりす!

 

「アツアツおでん」のNo1人気は、何でしょうか?

 

大根・コンニャク・たまご・左巻き・ちくわ・はんぺん・牛すじ等

 

の中で、売上高年間一番はどの、「おでん」なんでしょうか!

 

そんなことは少々、関心もありますが、美味しいおでんを食べまし


ょう!

 


「千石台大根おでん」ならば、さぞ舌鼓を打つでしょう!

 

 

 

<スポンサーリンク>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*