海苔は江戸時代は漁師の経験と運で生産されていましたが、昭和にな

って養殖技術が上がり、機械化に伴って海苔も安定した生産スタイル

になりました。

食卓に届くまでの流れや 、どのようにして生産され海苔製品になるの

か順を追ってみたいと思います。

 

海苔といえば、西日本では有明がメジャーですね。

種付けも発祥の地でもある広い海、有明で行われているようです。

海苔を使った食物といえば何を連想されますか?

 

やはり、巻きずしやむすびではないでしょうか?

庶民の巻きずしは、包み網の上に海苔を敷き、すし飯を均等にのせ、

具には卵焼き、板かま、そして色合いに人参、ほうれん草椎茸、

瓢(かんぴょう)を煮て味付けし、包み網を転がし海苔で巻き

来上がりです。

質素なあっさりした巻きずしが、年配者の美味しさというか家庭の味

と長年なっておりたくさん頂けます。(😁)

 

巻きずしの外輪となっている神秘的な海苔について、海の中でどのよ

うにして誕生、どのように成長して行くのかを調査し紹介してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む